株式会社MK PLUS | 東京都・愛知県・岐阜県で経営コンサル/財務コンサルなどにご対応。

対応業務

EV用リチウムイオン電池事業

EV(電気自動車)の性能を左右するバッテリー(リチウムイオン電池)の開発、生産の支援を行っております。

地球環境問題に対する関心が世界的に高まっており、世界的にEVを推進する動きが急速に拡大しています。

EVの性能を左右するのはバッテリーであり、EVメーカーは充電後の走行可能距離を競っています。

当社は、元三洋電機の雨堤徹博士をCTOに迎え、セルの開発・技術について、国内最高水準の知見を有しています。

リチウムイオン2次電池の特徴

リチウムイオン2次電池の特徴

容量が大きい

リチウムイオン電池は、他のどの電池に比べても、最もエネルギー密度が高く、他電池よりも小型軽量で大容量のバッテリーを作ることができます。

この特性は、EVの「航続距離」に大きく影響します。

大きなパワーを得られる

リチウムイオン電池は、他のどの電池に比べても、電圧が高く、他電池よりも大きな出力を得ることができます。

寿命が長い

リチウムイオン電池は、他のどの電池に比べても、充放電可能回数が多く、長い寿命を実現することができます。

各種電池の性能比較(1)

公称電圧(V) 出力対重量化(W/kg)
鉛電池 2.1 180
ニッカド電池 1.2 150
ニッケル水素電池 1.2 250~1,000
リチウムイオン電池 3.2~3.7 1,400~3,000

各種電池の性能比較(2)

充放電サイクル数(回) エネルギーコスト(Wh/US$) 自己放電率(%)
鉛電池 500~800 5.0~8.0 3~4
ニッカド電池 1,500 20
ニッケル水素電池 1,000 1.37 20
リチウムイオン電池 1,200~2,000 0.7~5.0 5~10